なので毎日のようなものがある

金益見(きむいっきょん)のブログです

最後に大阪弁で味付け

夏にハイビスカスから色をもらって赤いお茶を作ってから、「色を飲む」という発想が時々顔を出してくる。

 

ikkyon.hatenablog.com

 

緑茶を飲んでると

「緑色が身体にしみわたるなあ」と思うし、

ミネストローネを飲んでると

「赤キタ!赤!身体に入って血や肉になれ!」と思う。

 

昨日、白ネギと豆腐とカリフラワーとエリンギと大根と豆乳で、白いスープを作った。

 

白色を身体に入れるとなんか和らぐ感じがした。

 

だからといって、

「その日はひとに優しくなれた」

みたいな締め方はしないけど(そういうのん、辟易してしまう意地悪な自分がいる)、白いスープで腹痛は和らいだでおまんがな。

広告を非表示にする