いつか、またどこかで会おうよ

こんにちは、金益見(きむいっきょん)です。

映画のレビューを書きました

映画のレビューのお仕事をたまにいただく。

 

元々文章を書くスピードは速くないけれど、特に映画のレビューは気を遣うところが多い分、めちゃめちゃ時間がかかる。

 

文章は、文章そのものを書いてる時間より書き直す時間の方がはるかにかかる。

 

今連載してる神戸新聞の原稿は大体2時間くらいかけて書いて、4時間は書き直しするから計6時間(+イラスト作画2時間)。

 

映画のレビューになるとその倍の12時間はかかる。

 

私の筆が特に遅いだけなのかもしれないけど、1分で読める文章が1分で書かれているわけではないと、書く方になってからつくづく感じる。

 

最近「キセキの葉書」という映画のレビューを書いた。

えんぴつポスター経由でお声がかかった嬉しい依頼だった。

でも、今までやった映画関係の仕事で一番時間がかかった。

 

途中で一瞬ゴールが見えなくなったけど、冒頭文を大幅に書き直すことで、なんとか最後までたどり着けたレビューです。

しんどかったー。

 

ours-magazine.jp