読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか、またどこかで会おうよ

こんにちは、金益見(きむいっきょん)です。

美女が野獣を愛した理由

実写版「美女と野獣」が素晴らしかった。

 

どこがどんな風に素晴らしかったのかは、後日まとめて書こうと思っているのだけど、今日は映画を観て、恋愛について考えたことをいくつか。

 

まず、実写版「美女と野獣」のあらすじは以下↓

傲慢な性格ゆえに魔女の魔法で醜い野獣の姿に変えられてしまった王子。

魔法を解くためには魔女が残したバラが散るまでに、真実の愛(自分が愛し、相手も愛してくれる状態)を実現させなければいけない。

 

ある日、発明家のモーリスは森の中で迷ってしまい、野獣の王子の住む城に行き着くが、王子の怒りを買い、囚われの身となってしまった。

 

モーリスの娘ベル(村一番の美女)は父を開放してもらうため、身代わりとなって野獣の城に監禁される(徐々に軟禁)ことになった。

 

果たして野獣の王子とベルの間に真実の愛は生まれるのか…。

 

(↓ここからはネタバレを含みます)

 

王子にかけられた魔法は、愛し、愛されないと解くことができない。

 

結果、魔法は解かれてめでたしめでたしだったので、二人は真実の愛にたどり着けた…のだけど、私はどういう風に二人の心が動いたのかが気になった。

 

王子がベルのことを好きになった理由は、簡単に想像できる。

 

正直、王子はベルが持ってた条件に惹かれたんだと思う。

 

外見:美しい(なんせ村一番の美女だぜ)(「醜女と野獣」だったら、どんな話になってたんだろう)

年齢:若い(自分の子を産んでくれる年齢)

性格:勇気と包容力がある。また、自分の意見を率直に伝えるタイプ(恋愛経験がない王子からすると、何を考えてるのかわからないミステリアスな女性より、わかりやすい方がいいんだろう)

 

でも、ベルは条件で王子を見ていない。

ていうか、王子の条件終わってる。

 

外見:野獣

年齢:不明

性格:傲慢、ワガママ、すぐキレる、おぼっちゃま育ち(ていうか王子)

 

王子の取り柄はお金持ちってことくらいだろうけど、そのお金も自分で稼いだわけじゃないし、そもそもベルは贅沢することにあまり興味がない。

 

映画鑑賞後、一緒に観た友人(男性)に

「ベルがいつ王子を好きなったかわかる?」

と尋ねたところ、面白い回答が返ってきた。

 

まず彼は

「図書室の本を全部プレゼントした時!」

と答えた。

 

読書が趣味のベルからしたら、そりゃ嬉しい贈り物だったろうけど、女の人はプレゼントをどれだけもらっても、好きじゃないひとのことを好きになったりしない(高級クラブのホステスさんがいい例)。

 

次に彼は

「狼から体張って助けた時!」

と答えた。

 

そりゃ「有難いなあ」とは思っただろうけど、ていうか男の人って「俺が君を守る」系好きやなー(しかも守る時は大概「闘う系」…。女の人が生きやすいように社会制度を変えるとか、いつだってちゃんと話を聴くとか、そういう守り方もあるのになー)

 

最後に彼は

「ベルを自由にした時?」

と答えた。

 

私は100点じゃないけど「答えに近い!」と思った。

結局王子は、自分のためにベルをずっと軟禁していたのだ。

だから、父親を心配するベルに「村に帰ってもいい」と許可した時、王子ははじめて自分のためではなく、ベルのためにベルのことを考えることができた。

 

でもここでは、王子の恋心が愛に変わったということの方が大きい。

 

[自分の恋愛観を挟んで補足]

私は、愛は一朝一夕では芽生えるものではなくて、恋がだんだんと愛に変わっていくものだと思っている。

恋愛って言葉はよくできているなあと。

だって愛恋ではないんだもの。

恋が先で、次に愛。

サザンの歌詞を拝借すると、下心から真心に変わるってことです(恋と愛という文字で心がどこに入っているかを見てみると、一目瞭然ですね)。

 

で、話を戻すと、ここでは王子の恋心が愛に変わったということの方が大きい。

 

愛するということは、自分のことのように相手のことを考えられるということだと思う。

 

この時点では、王子は愛に目覚めていたかも知れないけれど、ベルの心はまだ動いていない(すでに恋心は芽生えていたかもしれないけれど、愛まで育っていない)(恋では魔法は溶けない)。

 

では、いつベルは王子を愛したのか。

 

それは、王子がガストンと戦って、死にかけ寸前になる時なんだけど(その証拠に、その後すぐに魔法が解ける)、これを「俺が君を守る」系の流れで心が溶かされたと誤解してはいけない。

 

ベルは、王子とこれまで一緒に過ごした時間があった上で、王子の戦い→傷つき→それでもベルに感謝をする行動を目の当たりにして「王子に完璧に愛されてる」ことを実感したのだ。

そして、感動した。

 

村では、読書好きの変わり者として扱われ、ガストン(イケメンだけど乱暴者)からは美女ってだけで付きまとわれ、その上父親はずっと罪悪感を抱えて生きている(罪悪感については映画を観てください)。

勿論父からの愛情は感じていたけれど、それはある事情もあって、完全にクリアな愛ではなかった。

 

だから、王子から命をかけてまでの証拠を見せてもらわないと、愛されていることを実感できないくらい、彼女の心は乾いていたんだと思う。

 

美女と野獣は、“孤独な二人が惹かれあう物語”として語られている。

でも、孤独の度合いでいうと、どんなに傲慢でも「幼い頃の坊ちゃまは、それはそれは優しくて」なんて言いながら仕えてくれる家来たちが山ほど周りにいる王子と、村中に変人扱いされ、いつ乱暴者に無理やり結婚させられるかわからないような状態で(しかもガストンはモテモテなので、ベルは女性たちからは嫉妬の対象になっていて、友達もいない)、父親もなんか秘密抱えてるし、なんやもう、ベルの孤独感たるや凄まじかったと思う。

 

美女と野獣」の謳い文句みたいになっている、「美女の優しさで、野獣は人間の心を取り戻した」なんて、映画の序盤の話だ。

 

この映画は、死ぬくらいの極端な状況で証明されないと愛を実感できない、ものすごい辛い環境で育った女性を、パッパラパーで恋愛経験なしの男性が、初恋パワーで救う物語なんだと思う。

 

そして、結論。

 

美女が野獣を愛した理由は、

「完璧に愛されてることを(やっと)実感できた」からだと私は思います。

 

広告を非表示にする