いつか、またどこかで会おうよ

こんにちは、金益見(きむいっきょん)です。

中国人って…

昨日、大阪の地下鉄に乗っていたら、中国人観光客の男性が席を譲ってくれた。

 

私はその時とても疲れていたので、すごく助かった。

 

向かいの席には彼の祖父母や両親が座っていて、席を譲ったことを少しだけ褒めて、そのあとは仲良く静かにお喋りしていた。

 

中国人はマナーが悪いとか、うるさいとか、せっかく日本に来てくれてるのに、彼らにたいする文句ばかり聞こえてくるのが嫌だなあと思っていた。

いい意見より、悪い意見の声が大きくて、どうにかバランスを取れないものかなあと考えていた。

 

そこで、じゃあ自分は中国の方にしてもらって嬉しかったことを発信してるかな?と考えたら、家族や友人に話していても、blogには書いてなかったことに気づいた。

 

中国の方に…

昨日は席を譲ってもらいました。

 

いつもローソンで丁寧に接客してもらっています。

 

物凄い美味しい中華料理店のウエイトレスさんはしっかり者で働き者。

 

講演会の後、連れていっていただいたスナックで働いていた女の子とは、お互いが着てる服を日本語と中国語で褒め合いました。

 

人を地域や国で大きく括って、中国人だからどうだとか大阪人だからどうだとか、大雑把に批判したくないし、されたくないと私は思う。

括る範囲が大きくなればなるほど、印象はイメージに翻弄されてしまう。

 

どんな場所にもいいひとや嫌なひとがいる。

ウィスパーボイスの中国人や、超はんなりしている大阪人がいるように、ひとりひとりを見ると、みんな違う。

 

範囲が大きくなると大雑把にしかまとめられないというなら、私はこんな風にまとめたい。

 

「みんな違って、みんなよくって、みんなちゃんと悪いところもあって、みんなそれなりに仲良くできたらいいなと思ってるのが、地球人だよねー」

 

 

 

広告を非表示にする