いつか、またどこかで会おうよ

こんにちは、金益見(きむいっきょん)です。

りんごの皮を剥いていたら

四.三事件の犠牲者慰霊祭に行ってきた。

私の住んでいる地域には、韓国の済州島にルーツを持つ在日コリアンがたくさん住んでいて、私自身もそうだ。


四.三事件とは、済州島の島民の10人に1人にあたる2万5千人~3万人が虐殺された事件で、1948年4月3日に始まったから、四.三事件と呼ばれている。
この事件は、いわゆる国家権力による民衆弾圧。

韓国建国前夜、アメリカ主導で進んでいた南朝鮮の単独選挙に対し、それが「南北分断につながる」として抵抗した島民が警察署を襲撃したのを機に、全島に広がる弾圧に発展した。


慰霊祭では、済州島の子ども達が島の言葉で唄を歌ってくれた。

歌詞が配られたのだけど、その歌詞が胸に刺さったので、引用します。

りんごの皮を剥いていたら
指を切ってしまった
血は少ししか出てないけど
怖くなってしまった
泣こうか
泣くまいか
泣こうか
泣くまいか
でもね
でもね
泣いたって家には誰もいないんだ

ソン・ヨハン「泣こうか泣くまいか」

広告を非表示にする