いつか、またどこかで会おうよ

こんにちは、金益見(きむいっきょん)です。

高級な批判力

「人を褒める時は、その人の一部だけ見て褒めてもいいけど、批判する時は一部だけ見て批判してはいけないと思うの」

 

と、昨日母が電話で言ってた。

そのとおりだよなぁ…と思った。

 

否定と批判は違うということを前提に、批判について先人に教えてもらったことを。

 

この世には「高級な批判」というものがある(そうだ)。

 

学会の批判的なツッコミが苦手で、それを友人の研究者に愚痴っていたら、彼女が内田義彦さんの本をプレゼントしてくれた。

 

そこに書かれてあったことが以下です。

 

よくあの人は批判能力が勝(すぐ)れているといいますけれども、つまらない面、―― あそこは間違っているとか、下らないとかいった消極的な面を発見する能力を指していう場合が多いようです。これももちろん批判ですが、私はこれを低級の批判力と名づけています。本当の批判力とは、俗眼に見えない宝を―― 未だ宝と見られていない宝を、宝として―― 発見する能力です。ポジティヴにものを見る眼ですね。(中略)
何か、学問であれ仕事であれ何か事を成したひとは、そういう眼をもっているんですね。俗眼が見逃しているような、見逃して絶望だ絶望だといっているような勝ち手を発見する。要するに思わざるところに存在している思わざる宝を発見する。これが高級な批判力です。
 
内田義彦『読書と社会科学』 岩波書店(1985)74〜75頁

 

友人がくれた内田さんのこの本が大好きで、何度も読み返しているけど、特にこのくだりに心震える。

 

そして思う。

 

丁寧に冷静に人や論文と向き合う。
先を照らすように、紡ぐように、言葉を重ねる。

そうすることでやっと生み出せる高級な批判力を私も身につけたい。

 

そうして思わざるところに、その人の宝を発見して、その人にその宝をプレゼントしたい。

 

選び抜いた宝がその人出身だなんて、素敵すぎると思いませんか?

 

 

広告を非表示にする