なので毎日のようなものがある

金益見(きむいっきょん)のブログです

後期の授業、全部終了!

シラバスとか、会議とか、成績つける仕事は残ってるけど、ひとまずメインの講義の仕事は全部終わったー わー 講義好きだけど、やっぱり終わりがあるからこそ輝く何かはあるなー 今日は、ジャーナリズム論を受講してくれた女学院生たちとインド料理屋さんで飲…

誰もいない遊園地

日曜日。 今日はこのまま布団のなかで映画をみようか。本を読もうか。 まず、フルーツを食べようか。ラーメンもいいな。 休日は、充実させなきゃもったいない! 仕事ができるひとは、休日の使い方もうまい! みたいな考えに翻弄されなくなった。 去年忙しす…

あの子に花束を

灰谷健次郎さんの『太陽の子』を読んでいる。 素晴らしい言葉がたくさん出てきて、読み終わるのがもったいない、とてもいい小説だ。 昨日、サイゼリヤでゼミ生と話している時に、「『太陽の子』のどんな部分が素晴らしいか!」を紹介しようとパラパラとめく…

お前たちのことだーーー!

学生が、「この漫才を見てください」と教えてくれた。 見るなら、最後まで見たほうがいいです。 www.dailymotion.com

飯の造り

きっと、フレッシュなおにぎりのことでしょう。

表現が自由じゃない

書きたいなあって思うことが色々ある。 でも「書きたい気持ち」より、「書いたら叩かれるだろうな」って気持ちが上回ると、書けない。 これ、表現の自由が奪われてると思う。 在日で、女で、本名顔出しでネットで何か発信することのハードルがどんどん上がっ…

いつか、またどこかで会おうよ

今日は、ゼミの2、3、4回生の合同飲み会だった。 私はあちこち席を移動しながらみんなと話していたのだけど、3回生の横を通った時に、「先生、新曲楽しみにしています」と言われた。 「ひょっ、ひょっとして『お肉とお酒』のこと?」と聞き返すと、彼らはほ…

犬と布団と妹と

ザ・クロマニヨンズの「オートバイと皮ジャンパーとカレー」という曲がある(これはおそらく、彼らが好きなもの、かっこいいと思うものを並べてタイトルにしている曲)。 私は出勤前で忙しく用意している妹に、自分は犬と布団にくるまれながらどうでもいいこと…

なんかメタファー!

飲み物に蓋がついてると助かる! と、今日人生で初めて思った。 蓋ってすごいな。 こぼれないし、逆さまにできるし。 蓋がついてるから、液体を完全に密室に閉じ込めておくことができる。 飲んで身体に入れるよりも確実に閉じ込めておくことができる。 私は…

私たちは何を得て、何を失ったのでしょう

今日の「すまいの文化史」で朗読した文章です。 ビルは空高くなったが人の気は短くなり 高速道路は広くなったが 視野は狭くなり お金を使ってはいるが 得る物は少なく たくさん物を買っているが 楽しみは少なくなっている 家は大きくなったが 家庭は小さくな…

波よ、聞いてくれ

去年読んだマンガで、一番とかじゃなくて(順位をつけるのは無粋だとおすぎがゆってた)、とてもとっても大好きになったのが沙村広明さんの『波よ聞いてくれ』(講談社)なのだけど、そのなかで、授業で使おっかなーと思って抜いたコマ。結局使わなかったの…

トンちゃんからの指摘

妹から電話がかかってきて、ブログにたいする指摘を受ける。 妹「姉のブログ、誰に向けて書いてるん?」 私「え、学生とか…あとは自分への備忘録的な…」 妹「それだけちゃうやろ。たまになんかアピールみたいな文章の時あるやん!」 私「え、ど、どんな文章…

ようこそ!2018年

今年は、正義感がプラスされたことによって見誤る自身の決断に絶対に左右されない年にしようと、今書きかけて、出だしを書き直す。一生な、私。一生やで私。 あと、「わかること」だけではなく、「わからなくもないこと」を増やそう。 共感を増やすと、興味…

サラバ!2017年

せっかく失敗してんから、後悔なんかしてたら、失敗がもったいない。 しんどかった出来事も以下同文。 さようなら、2017年。 あったこと全部ネタか教訓にして、地獄の日々の元を取るぞ。

消え失せろスクールカースト

「雇われたの?」 「ええ」 「子どもが死んだから?」 「怒りからです。お子さんを失った悲しみは別です」 「悲しみは何が癒やすの?」 「あなたも怒ってる。私はその怒りに声を与えます。それを武器として事故の責任者と戦います」 「ドロレス?」 「彼女は…

今日は一歩足りとも家から出ないぞ!

「傷つく自分を許さない」 という自分との約束で、ほとんどのことは乗り切れないとわかった2017年! 全然関係ない話になるが(ブログは自由でいいよね)、12月にそこかしこでクリスマスソングを耳にして、あることに気づいた。 サンタのサをアに変えて聴くと…

私にとってクリスマスの次の日は

残ったケーキを朝ごはんにするためにわくわくして目覚めるという、Early Christmasの次の日 Morningな日なのですが、今年は新たな展開が! 今日、クリスマスの次の日に、卒業生が研究室にケーキを持ってきてくれました。 彼は三年前にうちの大学を卒業した子…

私にとってクリスマスは

ケーキをたくさん買って、ゴキゲンな人たちと一気に食べる日でございます。

ミックスカルチャー

文化が混じり合うこの感じいいなあ。 かわいいなあ。 とのことなので、サンタさん、なるはやで!

写真で振り返る師走

関大生のことちゃうんかーい 今年一番おいしかった研究室ごはん (鶏肉とソフト麺とベビーリーフをマヨネーズと麺つゆとタイのソースで和えるだけ) 全員が卒論書き終えた日 ゼミ生を誘ったけど、誰も来なかったソロ焼肉 (ソロなので、肉を撮ってる暇はなし…

と、コーヒーカップが言ってます。

中途半端な時間に出勤する時、新快速じゃなくて、快速に乗るのがすっきゃねん。 そしたら天気のいい日は、ものっすお日が差すねんな。 その時は、日の光をおもいっきり浴びるようにしてるねん。 日焼けはこの時は無視やねん。 しばらくしたらな、海が見えて…

クリスマスキャロルの頃には

稲垣潤一の曲では「April」の方が断然好きなのだけど、今調べたら「クリスマスキャロルの頃には」も「April」も作詞:秋元康だった。なんかちょっと悔しい。 さて、クリスマスキャロルが流れる頃に、私はビールをのんでるわけですが。 学生から「イブはどう過…

今宮工科高校の皆さんへ

さっきは、偉そうなことをベラベラと言ってたかもしれませんが、実際は酔っ払って意味不明な手紙を自分に書いたりしてる、どうしようもない人間です。 今日は、長時間私の話を聞いてくれてありがとう。 帰りに声をかけてくれた、神戸学院にお姉さんがいると…

酔っ払いからのメッセージⅡ

ひとまず、全体的な流れはこちら↓で把握できます。 http://ikkyon.hatenablog.com/entry/2017/12/16/145706 以下は、翌朝に読んでびっくりしたメールの数々(記憶はとんでないから考えていたことは覚えてるんだけど、言葉の使い方とか脈略の無さに毎回新鮮な…

酔っ払いからのメッセージ

ひとりで呑んでて、誰かと話したくなった時、私は専ら自分に手紙を書くようにしている。 20代の時(30代前半もだな)、ひとりで呑むとラブレターを送るという妙な習慣があって厄介だった…。 酔って誰かに話したくなると、恋人やその時好きなひとにメールを送…

私は私の人生が嬉しいなあ

今、はじめての気持ちにとても感動している。 私は今、一点の曇りもなく、私のことが大好きだ。 大好きすぎて、なんでこんな切磋琢磨に生きてる可愛い子を全身全霊で抱きしめられないんだろうって、ひとまず自分の頭を撫でてみる。私ほんともう最高。 ずっと…

傷つくことに飽きてみる

それにしても、傷や過去のトラウマは、何度でも温め直せるものだから、厄介だなあ。 振り返ることや、過去を見つめることは、傷を大事に温めてるようなもので、そうすると傷は化膿しっ放しでずっと癒えない。 傷ついた瞬間痛いのは仕方ないけど、同じ出来事…

冬がはじまってしまってるよ

冬の匂いってすげー 懐かしいような、新しいような、わけのわからん気持ちになる! 冬の道路ってすげー 以下同文! みずみずしいなー。冬はよー。 新鮮なこの感じがよー。 けだるくてうだるような暑い夏が、蜃気楼がゆれるような夏が、何か大きなことが起こ…

やっぱり猫も好き

カレンダーをめくると、あまりに可愛い猫が! なんやこの可愛いさは! なんでやねん!可愛いさが! うおー 悩んでばっかり人生うぉー 猫見たりー 犬見たりー

心を亡くす前に

希望は持たぬことだ心が壊れたら残るのは狂気だけだ 映画「マッドマックス」のなかの好きな台詞のひとつ。 私も全てではないけど、いくつかの希望は捨てた方がいいんかなあと、最近思いはじめてます。