読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか、またどこかで会おうよ

こんにちは、金益見(きむいっきょん)です。

中国人って…

昨日、大阪の地下鉄に乗っていたら、中国人観光客の男性が席を譲ってくれた。 私はその時とても疲れていたので、すごく助かった。 向かいの席には彼の祖父母や両親が座っていて、席を譲ったことを少しだけ褒めて、そのあとは仲良く静かにお喋りしていた。 中…

りんごの皮を剥いていたら

四.三事件の犠牲者慰霊祭に行ってきた。 私の住んでいる地域には、韓国の済州島にルーツを持つ在日コリアンがたくさん住んでいて、私自身もそうだ。 四.三事件とは、済州島の島民の10人に1人にあたる2万5千人~3万人が虐殺された事件で、1948年4月3日に始ま…

新連載のお知らせ

今日から神戸新聞で新連載が始まります。 連載タイトルは 「いっきょん先生のアカデミー抄」! 大学時代にやってよかったことを中心に、いつも授業でお話しているようなことを綴ります。 掲載日は、毎月第2水曜日(夕刊)です。 去年連載していた「随想」か…

クラクフ本駅(空港)からアウシュヴィッツに行く方法

アウシュヴィッツ見学は、ツアーで参加して、ホテルまで送迎してもらう方法もあるのですが、送迎付きになると結構お金がかかることと、英語ガイド、もしくは英語に日本語通訳をつけるという形になることが多いです。 ツアーで、日本人ガイドの中谷剛さんに申…

アウシュヴィッツに行ってきた

アウシュヴィッツに行ってきた。 写真は、第二強制収容所(ビルケナウ)の地面(すぐ隣にホロコーストが行われたガス室)。 いろんな足跡が沢山あったので、写真を撮った。 今、世界中の人々がここを訪れていることは、とても意味のあることだと思った。 下…

アウシュヴィッツを知らない学生

今、ポーランド。明け方、5時半。うまく眠れない。 今日はアウシュヴィッツを見学しに行く予定。アジア人唯一の公式ガイドである中谷剛さんに直接連絡をとって、案内していただけることになった。 http://m.huffpost.com/us/entry/6738410 *中谷さんの案内…

日下部聡さんとお会いするⅡ

日下部さんと、出来立てのスコーンを食べながら、クロテッドクリームをそのスコーンにグオッと塗って頬張りながら話していたのは、実のある情報を受け取る難しさの話。 フェイクニュース問題しかり(このインタビューすごい)。 www.buzzfeed.com ちょっとし…

日下部聡さんとお会いするI

オックスフォードで、毎日新聞の日下部聡さんにお会いする。 日下部さんは、ものっすおい優秀なジャーナリストで、まさかの出逢いだった。 日下部さんが学生さんに綴った文章はこちら↓ http://webronza.asahi.com/journalism/articles/2017021400002.html 日…

においでパンを見ていた頃

学生時代、サブカルチャーに詳しかったり、部屋にイームズ(っぽい)椅子があったり、好きな作家がカミュだったり、好きな映画がキューブリックだったりする先輩や友人・知人の知識っぽいものに触れる度、いちいち尊敬していた。 渋谷直角『カフェでよくかか…

さがしものはなんですか?

以前作成したデータが見つからなくて困った。 USBに入れて、ちゃんと保存したはずなのに、見つからない。 いくつかのUSBを確かめてもなかったので、なんで見つからないのかを考えてみた。 USBにそのデータを保存したことは間違いない。 ということは、データ…

(どうでも)イイネ!

「新聞は読みません」 「ニュースは、LINEニュースで読んでるから大丈夫です」 という学生が結構いて、試しにLINEニュースはじめ、各新聞社のLINEであがってくるニュースを読んで驚愕した。 どうでもいいトピックがトップにあがりすぎなのだ。 調べたところ…

泣くこと

泣いた。 泣けた。じゃなくて、泣いてもた。 色んなことが重なって、情けないやら悔しいやらの気持ちでいっぱいになって、駅に向かう道で泣いてしまった。 友達と会う直前だったのに、お化粧もとれてしまって、最悪なタイミングで、だけどどうにも涙が止まら…

断片的に輝く言葉

駅のホームで見かけた子どもたちが、スヌーピーとよく一緒にいる黄色い何かに似ていて可愛すぎて、写真を撮った(はっきり顔が写らないように撮りました)。 撮影した後、ところであの黄色いのんの名前なんやったけ?と急に気になって、「スヌーピー 黄色い…

『サスペンス&ホラー』

小学生の頃、『サスペンス&ホラー』というマンガ雑誌を愛読していた。 犬木加奈子さんが描くギョロンとした目の女の子が表紙で、撲殺できそうな太さで、触るだけで呪われそうで、部屋の隅に置いていると、妹たちはその辺りを避けて通るという存在感のマンガ…

見事な問題意識!

以下は、「見事な問題意識!」だと思った文章↓ 親戚で集まると、必ず台所に女性達が集まる。男性陣は円卓を囲み、酒をかっ喰らい、ガハガハ笑うだけ。男性達の小間使いになる事だけはしたくないが、女性達をこき使う暴力に加担したくもない。幼い頃からこの…

映画「ローマでアモーレ!」を観て思ったこと

ウディ・アレン監督「ローマでアモーレ」(原題: To Rome with love) 2012年のアメリカ合衆国・スペイン・ イタリア合作のコメディ映画。 変な邦題だけど、いい映画だった。 印象的だったのは、ある日突然大勢のパパラッチに囲まれ、大スターに祭り上げられ…

楽しいアレンジ料理

外食先で、出てきた料理の写真をあまり撮らない。 (「おいしそう!」って言って撮影してるひとを見てもなんとも思わないので、いいとか悪いとかじゃなく、そういう習慣がないってことだと思う) 食べた後に、どんぶりに湯気が残っている時なんかは撮る(自…

「持ってない」ってことが財産

「持ってない」ってことが逆に財産になることあるのかも知れないと、ぴぴぴぴぴさんのブログを読んで思った。 お金があったことで、僕がどのような被害を被ったか 親が僕の喜びそうなものを全て買い与えてくれたせいで、主体的に夢を見てそれを叶える能力が…

The greater embraces the less

大きいものと小さいもの、どちらを買うか迷った時に、「大は小を兼ねる」という言葉を思い出す。 それで最近大成功したのが毛布だった。 私は普段、シングルよりも少し小さめのサイズのベッドで寝ているのだけど、先日ダブルの毛布を買った。 「ダブルの毛布…

高級な批判力

「人を褒める時は、その人の一部だけ見て褒めてもいいけど、批判する時は一部だけ見て批判してはいけないと思うの」 と、昨日母が電話で言ってた。 そのとおりだよなぁ…と思った。 否定と批判は違うということを前提に、批判について先人に教えてもらったこ…

ふしぎなポケット

好きだったひとの言動どころか、つぶやきさえ見れてしまう、この現代のシステム(発展?)がいいのか悪いのかよくわからない。 タイミングによっては、それって毒にも薬にもなる。前にも書いたけど、毒も薬も身体にはきっとよくない。 ネット上の情報は、先…

荒技ですが

今日は朝から夕方まで卒研発表会。 そして今からゼミ飲み会なので、ブログをゆっくり更新できない! したがってこういう時に使おうとあたためておいた写真を。 スヌーピーのお兄さんを紹介します。 スヌーピーも色々あったみたい。

日常に溢れるセクシー

改札機にICカードをタッチすると、 「もう一度触れ直してください」 と言われた。 なんかセクシー!

問題にぶつかった時の解決方法

昨日、ある問題にぶつかって、とても落ち込んだ。 何をどうすれば、解決できるのかわからなくて、深くて暗い森に迷い込んだ。 ◾️◾️◾️ 今夜は動かずに夜が明けるまでじっとしてるか、闇雲でもいいから先に進むか迷って、ひとまず進んでみた。 さすが闇雲!全…

神戸女学院で私の講義を受講してくれたみなさんへ

昨日のビブリオバトルの結果は以下です! 1位 桜井信一『下克上受験』(チャンプ本です!) 2位 村田沙耶香『コンビニ人間』(チャンプ本と一票差でした) 3位 永田カビ『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』 東田直樹『自閉症の僕が飛び跳ねる理由』 い…

ああっ女神さまっ

「お姉ちゃんな、理想のひとがやっとわかってん!」 と妹2人に、びっくりマークつきで話した。 「今まで、私を理解してくれるひととか、どんな時でも味方になってくれるひととか、色々考えてきたけど…」 妹1(次女):「ふーん」(興味なさそう)。 妹2(三…

デート<講義

「歴史文化入門」というリレー講義で、夜間中学生が書いた「えんぴつポスター」の話をした。 『やる気とか元気のでるえんぴつポスター』は、拙著のなかでもとても思い入れのある本で、その本の内容を元に講義をした。 『やる気とか元気がでる えんぴつポスタ…

僕の好きな先生

馴染みの飲み屋さんで職業を聞かれたので正直に答えたら、その日から「センセー」と呼ばれるようになった。 この場合のセンセーは、呑みの席でのあだ名のようなもので、先生と書いて「先を生きる」みたいなニュアンスは入っていない。 でもそれはそれで悪く…

学生とのやりとり

「先生!今年のバレンタイン、誰かにチョコあげるんですかー?」 研究室にやって来た学生が、私に聞いた。 大人になってから、バレンタインに何かするという考えが全くなかったので、その質問自体が学生らしくて笑ってしまった。 ゼミ生以外の学生と直接接す…

ランチ交換会

昨日は後期最後のゼミだったので、「ランチ交換会」をやった。 「ランチ交換会」は金ゼミ二回生が最初にやる行事で、まだ未成年がいるゼミで飲み会はできないので、お昼間に親睦を深めようと考えた結果恒例になった会だ。 会では、おのおのが人数分の一品持…

私のベッドはかしこい

すごく小さなベッドで寝ている。 私は寝てる時に一切動かないので、小さなベッドで充分なのだ。 ベッドが小さいと、部屋も広く使えるし、すごく気に入っている。 そのベッドから、昨日落ちた。 バッターンという感じじゃなく、柔らかく落ちた。なんというか…

地獄の帰り道

古本屋さんに行ったら、いい本をたくさん見つけたので、思いきって全部買った。 絶版になっていた本も多かったので、 「ここで買わないともう会えないかもしれない」 と思い、レジに持っていくと全部で30冊くらいあった。 袋を二重にしてもらって、なんとか…

忘れらんねえよ

新海誠監督の「君の名は」を観て、一番びっくりしたのは妹のキャラクターだった。 うちの妹にそっくりだったのだ! 私がボヤッとしてるせいか、妹がしっかり者に育ってくれた。 前にも私の忘れ癖を一言で解決してくれた妹。 (その時のことをマンガエッセイ…

アクセス数の不思議

久々にブログを頻繁に更新するようになると、アクセス数をちょくちょく見るようになった。 アクセス数は不思議だ。 この世のどこかで、誰かが一瞬自分のことを考えてくれたのかも知れないと、数字が教えてくれた瞬間、ちょっと安心する。 「気にされる」こと…

「かわいい」と「かわいそう」

鏡に映った自分の部屋着がかわいすぎてびっくりすることがある。 「こんなはずじゃなかった」 という気持ちになる。 外に出る時の格好はその日の予定に合わせて服を選ぶのだけど、部屋着は洗濯などの兼ね合いで適当に選ぶので、その組み合わせが絶妙な時があ…

金ゼミ一期生大活躍!

今日はゼミ生たちがとてもいい発表をしてくれて、後輩たちも沢山観に来てくれて、みんなで率直に意見を交わして、なんかもうこれが幸せの頂点だと思うくらい、いい日だった。 ホントいい発表だった。 先生になってよかった。彼、彼女らに出逢えてよかった。 …

百貨店とスニーカーと私

スニーカーが欲しくて百貨店へ。 今まで運動靴を買うために百貨店へ行ったことは一度もなかった。 学生時代からスニーカーはひとつのメーカーに決めているので、その必要もなかった。 今回は特別で、春の旅のお供をしてくれるスペシャルなスニーカーが欲しか…

明けましたね、おめでとう!

今週から年明け一発目の講義が始まった。 私は講義の最初に必ずしっかりと挨拶する(これは、夜間中学のおばあちゃんたちを見習って、そうしていこうと決めたのだ)のだけど、年明けの講義の時だけ 「新年あけましたね。おめでとうございます」 という挨拶が…

童貞特権

私はヤンキーが苦手で、どうしたら緊張せずに普通に話せるんやろう…と思っていたのだけど、Creepy Nutsさんのインタビューですごいことを知った。 なんと童貞は不良に優しくしてもらえるらしい! 童貞DJと非モテ系ラッパーが語る「童貞は世界を平和にする」…

かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう

昨日書いた美大あるあるから、昔読んだリリー・フランキーさんとナンシー関さんの対談を思い出した。 私の記憶が正しければ、リリーさん曰く、美大に行ってた頃は国分寺あたりに椎名林檎さんのような女の子がゴロゴロいたという。 正確に思い出したくなった…

ジェーン・スーさんの名言

野宮さんの言葉を2日続けて載せたのですが、ジェーン・スーさんの発言もグッとくるものが多くて、私がインフルで寝込んでた時に発見して思わず笑った名言はこちら。 「美大に行ったら全員下駄」 ジェーン・スーさんはいつでも言葉が明朗なんだわ! ジェーン …

好きな服

好きな服のジャンルが未だに確定しない。 着たい服、似合う服、褒められる服が、一致したりしなかったり。 「ずっとぶれてる」のも正解だけど、「好きなジャンルがたくさんある」のも正解だから、それはそれで「自分」なのだと思っていた。 でも、前回引用し…

つまらない飲み物?!

ジャニーズが先輩のことを「~くん」って呼び合うのっていいなと思う。 元Pizzicato Fiveの野宮真貴さんが小西康陽さんを「小西くん」と呼ぶのも、いいなと思う。 www.youtube.com ちなみにピチカートだと、この曲が好き。 (アイスクリームが溶けてベトベト…

She said!

今朝のブログのタイトルは「タイガー&ドラゴン」。 クレイジーケンバンドの名曲のひとつ! でも、この曲も好き。 このライブ映像もいい。 色んな体型のひとが踊ってるのがいい。特に後半の白いポロシャツに黄色のズボンのひとがイカス! www.youtube.com 曲…

タイガー&ドラゴン

自分の話ばっかりでひとの話を全然聞かない人にどう接すればいいのかわからない。 ベラベラベラベラ武勇伝&愚痴。それをうんうんと聞いて、おいしくないお酒を呑んだ日の帰り道なんて、なんだか疲れ果ててしまって、「この徒労感はなんやろう…」とグッタリし…

「あなたのキスは数えません」

友達が「好きじゃないひととのキスはカウントしない」とキッパリ言っていて、思わずメモした。 なんと、カウントしなければ記憶は消えていくそうだ。 同じことをジェーン・スーさんもラジオで言っていた。 「好きでもない男性(中年)にキスされました。それ…

「大丈夫」?

私はずっとストレートな言葉しか使ってこなかったので、言葉に含まれているものや、言葉にできないことを読み取るのが苦手だった。 今になって考えると、あの時の彼女の「大丈夫」は本当は帰りたかったのかも知れないなとか。 あの時の彼の「大丈夫」は食べ…

伝えることと伝わることにはズレがある

言葉は通じてるのに、話が通じない。 心を込めて伝えたのに届かない。 去年は、何度ものれんを腕で押すようなことがあった。 伝えたかった。 でも伝わらなかった。 そんな時、相手の感受性の無さを嘆いたり、相手を苦手な人枠に分類するのは簡単だ。 人のせ…

多分それらでできている

ヨーグルトを作っている。 作るといっても、牛乳にタネを入れて発酵させるだけなんだけど、固まると嬉しいし、美味しい。 食べものが活きているのがわかると、口に入れてもそれらが躍動しながら栄養になる感じがする。 元気になる。 私の身体は私の食べたも…

『羊をめぐる冒険』を読んで、疑問に思ったこと。

インフルエンザで外に出られないので、家にあった小説を読み返していると、前まで疑問に思わなかった言葉にひっかかった。 「誰とでも寝る女の子」だ。 「誰とでも寝る女の子」は、村上春樹さんの『羊をめぐる冒険』の冒頭に出てくる。 彼女の名前はなく、彼…