読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか、またどこかで会おうよ

こんにちは、金益見(きむいっきょん)です。

アウシュヴィッツに行ってきた

アウシュヴィッツに行ってきた。

 

f:id:ikkyongold:20170321235059j:image

 

写真は、第二強制収容所(ビルケナウ)の地面(すぐ隣にホロコーストが行われたガス室)。

いろんな足跡が沢山あったので、写真を撮った。

今、世界中の人々がここを訪れていることは、とても意味のあることだと思った。

 

f:id:ikkyongold:20170321235137j:image

 

下記のblogに中谷さんの説明の概要が詳しく載ってるので、今回のブログと合わせて読むとわかりやすいと思います↓

konbu-bu.com

 

以下は、ガイドの中谷剛さんに教えていただいたことや、考えたこと、感じたことをメモしたもの。

(文章にするとかなり長くなってしまいそうなので、今回は箇条書きにします)

 

f:id:ikkyongold:20170321235436j:image

 

・第一強制収容所の入り口ゲートには、「働けば自由になる(労働は自由を作る)」という言葉が掲げられていた。

 

・この日は、ダビデの星の旗を掲げたユダヤの人たちが沢山来ていた。彼らと私では、ここに来る意識が全然違うんだろう。

 
・過去にここに連れてこられたひと、連れてきたひと、現在ここを案内するひと、見学してるひと、ひとによって写真に収める場所や、ズームする場所が違う。

 

f:id:ikkyongold:20170321235558j:image

男女を隔てていた有刺鉄線

 

・写真や映像でわかることも勿論あるけれど、現場にいくと「雰囲気」がわかる。

雰囲気って、目や耳だけじゃなく、身体をそこに置くから感じられるもの。

 

・大量の靴や刈られた毛髪。数字でみるのと、そのものを見る時の感覚のちがいを記憶しておかなければ。

数字はあまりにも便利で、物事を明確にするけど、時にリアルを見えなくもする。

 

f:id:ikkyongold:20170321235931j:image

 おびただしい数の靴

 

・書類が重なって、サインが増えると、責任があやふやになっていく。

 

・「私は知らなかった」と言える状況をみんなで作った。

 

・根拠がはっきりしないことを続けていくと、分岐点がわからなくなる。

 

・収容されてきた子どもたちが誰一人泣いてなかったのは、完全に余裕を失った親を察したんじゃないかと、中谷さん。

 

f:id:ikkyongold:20170322000141j:image

 

・続けて中谷さんによると、そこまで必要だとは思えない鍋や食器類をここまで持ってきたのは、親が子どもに「これは単なる移動なんだ」と安心させるためだったのかも知れないとのこと。

 

f:id:ikkyongold:20170322000438j:image

 

・人と人とを分断することが制度化された時に、人は人ではなくなる。

 

f:id:ikkyongold:20170322000511j:image

・収容されたひと達のなかで、上下や優劣が生まれ、ナチスが手を加えなくても、ユダヤ人同士で監視と管理の体制が整っていたという皮肉な話。

上の二枚の絵は、奇跡的に生還した方が当時の様子を描いたもの。

 

ユダヤアイデンティティは宗教。

ジプシーのアイデンティティは言葉。

では、日本人のアイデンティティは?

小国から鎖国アイヌ琉球王国、日本人はいつから日本人なんだろう?

 

・先進国病

大衆迎合主義

 

・私たちの内側に知らず知らずのうちに埋められてるもの。

 

・当時の流れはヘイトスピーチからヘイトクライムへ、そしてホロコーストにつながっていった。

 

・日本は今どこにいるんだろう。

 

ユダヤのひとたちは傷つきすぎてる。

あまりにも長く戦い続けて、戦う仕組みが出来てしまっている。

だから、私たちの方から「安心」をあげることが第一歩。

 

f:id:ikkyongold:20170322000626j:image

空も建物も多分その時と同じ

 

・ポプラの木も、煉瓦の建物も、人間たちの営みをずっとみてきたんだろう。

その時のひと達が見ていた空もきっと同じ。

 

 f:id:ikkyongold:20170322004254j:image

 

私が希望だと思ったのは、何かを知るために何かを感じるために、そして祈るために、沢山のひと達がこの地を訪れていたこと。


大学生もいっぱいいた。

 (大学生もいっぱいいたんだよ!!と今朝の私に報告したい)

アウシュヴィッツを知らない学生 - いつか、またどこかで会おうよ

 

 

中谷さんによると、2000年以降、ヨーロッパの人たちに限定すると、年間でここを訪れるひとの75%が15〜25歳なんだとか。

 

勿論そこには経済的な関係もあるけれど、教育の賜物だという。

 

夏休みや春休みは、日本の大学生も沢山見学に来るのだそう。

その日も、中谷さんに案内を申し込んだ日本人の見学者のうち、8割が大学生だった。

 

 中谷さんは、彼らにこう言った。

 

「君たちも色々忙しいんだと思う。でもお金や時間を使ってここまで来てくれた。

自分のことを考えるのは悪いことじゃない。

でも君たちのように、自分のことを考えながら、もう少しその先を考えられるひとが増えるとそれが平和につながる」

 

中谷さんは、歴史を説明する時に、ヒトラーだけを悪者にしなかった。

ヒトラーを支持した大衆がいることを何度も指摘されていた。

そして、世界の、ヨーロッパの、日本の、「今」に、今日みた歴史が繋がってることを、私たちに自分で考える余地を残しながら説明してくれた。

 

学生さんは、「日本に帰ったら、もう少し政治に関心を持って、選挙に行きます!」と言っていた。

 

私は自分が在日コリアンであることや、選挙権を持っていないことを話した。

すると中谷さんに、

「あなたにはあなただからできることがあると思うんです。あなたにしか感じられないこと、気づけないことがあるから」

という言葉をギフトしてもらった。

 

ひとまず、その時の私がすぐにできることを思いついたので、次の日早速行動してみた。

 

それは明日更新するので、お楽しみに!

アウシュヴィッツを知らない学生

今、ポーランド
明け方、5時半。
うまく眠れない。

 

今日はアウシュヴィッツを見学しに行く予定。
アジア人唯一の公式ガイドである中谷剛さんに直接連絡をとって、案内していただけることになった。

http://m.huffpost.com/us/entry/6738410

*中谷さんの案内で見学を希望するひとは、以下のアドレスの◯を@に変えて是非メールしてみてください。
nakatani◯wp.pl


イギリスに旅行に来ていた日本人の大学生と話している時に、来週はアウシュヴィッツを見学するためにポーランドに行くと言うと、

アウシュヴィッツって何ですか?」

と返されて驚愕した。

 

私はそれまで、若いひとを「何も知らない」とバカにする大人をどうかと思っていた。

 

学生は、学ぶことが生きることなので、彼らが知らないことは、知ってるひとが教えればいいと思っていた。

 

だけど、アウシュヴィッツを知らない学生にたいしては、今までどうかと思っていた大人たちと同じように驚いてしまった。

 

あかん。

ここで驚愕で終わらせたら、学生にとっても私にとってもよくない。

 

まず、自分に何ができるのか、どうやったら伝わるように伝えられるのかを考えた。

 

ひとまず、短くアウシュヴィッツの説明をした後、報道ステーションの以下の特集を薦めた。

 

m.youtube.com

 

その大学生は、その場で興味を持って、すぐに色々調べていた。


映画の「帰ってきたヒトラー」のような状況を、無知と時間の流れと嫌な好奇心が生み出すのなら、時間は止められなくても、無知は補えるし、いい好奇心はきっと育てられる。

 

その大学生の関心を引き出せてよかった!

 

と、ここでブログはスッキリと終わらない・・・

 

後日、フォトグラファーの末盛亮さんにその学生の話をすると、「時代もあるかもしれません」と、彼はこう続けた。


「希望が見出せない社会に生きてる若者が、わざわざお金を払って負の遺産を見に行ったり、興味を持ったりしづらいんじゃないかと。
今の若いひとは娯楽やエンタメに時間やお金を使うことで、バランスをとってるんじゃないでしょうか」

 

末盛さんは別の話で、「ロンドンや東京にいると見えなくなるものがある」とも仰っていた。

 

その大学生は、アウシュヴィッツを知らなかった。

でも無意識に、知りたくなかったのかも知れない。
そして私は見えてなかった。

 

知りたくなくても知らなければならないことがある。

知っておいた方がいいこともある。

学生も、私も。

 

わかった気になって、教えた気になっていた。

まだまだまだまだまだまだまだまだだなぁ。
もう学生じゃないけど、学び続けるしかないんだよなあ。

 

もう朝だ。

 

 

 

日下部聡さんとお会いするⅡ

日下部さんと、出来立てのスコーンを食べながら、クロテッドクリームをそのスコーンにグオッと塗って頬張りながら話していたのは、実のある情報を受け取る難しさの話。

フェイクニュース問題しかり(このインタビューすごい)。

www.buzzfeed.com

 

ちょっとした話題でも、それが発信される過程までを考えられるひとはどれくらいいるんだろう。

 

オシャレとかポップな話題もしかり。

withnews.jp

 

ああ、最近流行りの「ここがすごいよ!日本人」を取り上げた番組しかり。

 

www.from-estonia-with-love.net

 

勿論、全部がこうなわけじゃなくても、情報を受け取って、拡散させる無邪気さは、時に罪にもなるであろうことをちゃんと知った方がいい。

あと、本当に栄養にならない情報があるということや、そんな情報を吸収してしまった後に自分の世界がものすごい早さで狭まってしまうことも。


私は私でがんばろうと思った。

 

四月からの講義の導入は、自分が春休みに会ったひとのことや話したこと、そして感じたこと、考えたことを。

日下部聡さんとお会いするI

オックスフォードで、毎日新聞の日下部聡さんにお会いする。

日下部さんは、ものっすおい優秀なジャーナリストで、まさかの出逢いだった。

 

日下部さんが学生さんに綴った文章はこちら↓

http://webronza.asahi.com/journalism/articles/2017021400002.html

 

日下部さんとは直接の面識はなかったのだけど、毎日の鵜塚さんつながりで紹介していただいた(鵜塚さんも、これまた素晴らしいお仕事をされている方!)

 

『イランの野望 浮上する「シーア派大国」』 |集英社新書

  

なんか、いい仕事してるひとはいい仕事してるひとと繋がってるんだなーと実感。

 

初めてお会いした日下部さんと、ハイティーをして公園を散歩した。

記者友達は沢山いるけど、初対面のジャーナリストとハイティーとか、公園を理由なく散歩するって、ものすごく稀有!


日下部さんは今、ジャーナリズム研究を深めるためにイギリスで勉強されているのだけど、図書館で勉強する合間によく来る公園を案内していただいた。

 

ところどころに咲いてる花を見て、日下部さんは、
「極楽浄土があるなら、こんなところだと思うんです」
と仰った。

 

私は最初、よくわからなくて、理由を尋ねた。

すると、日下部さんは、
「花の咲き方が」
と、とても短い回答をされた。

 

私は少し考えて、思わず膝を打った。

 

f:id:ikkyongold:20170312103554j:image 


花が、決して咲き乱れてない。

所々、花の思うがままに咲いている。


そうだ。

花は花で花の思うように自由に咲いていいんだ。

日下部さんは、それを極楽と呼ぶんだ。


エマ・ワトソンさんに想いを馳せる。

 

胸を見せたエマ・ワトソンさんは反フェミニストなのか? - BBCニュース

 

美しい咲き方を自ら選べる場所こそ天国なのだなと、私は思った。

 

(日下部さんとの話はⅡに続く)

 

 

 

においでパンを見ていた頃

学生時代、サブカルチャーに詳しかったり、部屋にイームズ(っぽい)椅子があったり、好きな作家がカミュとか三島由紀夫だったり、そんな先輩や友人・知人の知識っぽいものに触れる度、いちいち尊敬していた。

 

f:id:ikkyongold:20170307033725j:image 

f:id:ikkyongold:20170307033626j:image

渋谷直角『カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』扶桑社(2013)より引用

 

渋谷さんの狙いとズレた読み方かもしれないけど、上記の漫画に出てくるブロス好きの野口さんは、ちゃんとわかっているひとだと思う。

 

私は当時、本物と俗っぽいひとの区別もつかなかった。

オシャレっぽいだけで、トンガってるだけで「カッコイイ」と言ってるひとたちも、本当にそれらが好きな人達も一緒くたにして憧れていた。

 

ただ、彼らが好きなものを自分が好きかというと、理解できないなぁ…と思うものもあった。

 

特に部屋やトイレに「トレインスポッティング」のポスターやポストカードを貼っている人や店と自分とのかけ離れ具合には、ある意味絶望していた。

 

f:id:ikkyongold:20170307084912j:image

 

彼らにわかるものが、私にはわからない。

私は、自分はそういうオシャレには一生たどり着けないダサい人間なんだと思っていた。

 

f:id:ikkyongold:20170307064650p:image

チャンリオで作った似顔絵(サンリオは絶対採用しないであろう、あまりにダサい自分に似せたキャラクターに笑った)

 

話は変わって(後からそれなりにつながりますが)先日、スコットランドに行ってきた。

エディンバラをブラブラ歩いてると、かっこいい映画館を見つけた。

 

f:id:ikkyongold:20170307073503j:image

 

ちょうどいい時間帯の映画が「トレインスポッティング2」だけで、「私はダサいから多分わからんやろうけど、まあ観てみるか」と思って、観ることにした。

 

f:id:ikkyongold:20170307034736j:image

 

上映終了後、呪いが解けた!と思った。

 もの凄くスッキリして、びっくりした。

長年、自分で自分にかけていた呪いから解かれた気がしたのだ。

 

私はオシャレ映画全般にたいして、においでパンを想像するような見方をずっとしていたんだと気付いた。

 

f:id:ikkyongold:20170307032639j:image

リチャード・マグワイア『HERE』国書刊行会(2016)より引用

 

実際、現地で映画を観てみると、想像の方がずっともっと大きかったことに驚いた。

 

映画のなかに出てきた景色は、昼間にエディンバラを散策していた時に見た景色だった。

オシャレフィルターをかけずに、「トレインスポッティング」に向き合うと、なんてこたなかった(音楽は抜群にカッコよかった)。

 

人がいて、街がある。

トラディショナルな街の雰囲気のなかにも、最先端のカルチャーのなかにも、そこには人間の営みがあるだけだ。

 

どこに行っても、どんな服装でも、黄色でも白でも黒でもピンクでも、人間は大体おんなじようなことをしていて、同じように食べたりのんだりしている。

笑ったり歩いたり走ったりしながら、目が合った時には挨拶をかわし合っている。

 

トレインスポッティングの男たちも相変わらずバカなことばかりしてた。

 

 なんか、ちゃんとカッコ悪かった。

 

人間はカッコイイ時もあるけど、ちゃんとカッコ悪くもある。

だから可愛い。

そして、時々死ぬほど愚かだ。
(博物館や城を巡ると、あまりにも殺し合いをし過ぎていて、辟易してしまう)

 

人間はカッコ悪くて可愛くて愚か。
ああ、これがらしさか。
そうだ。
人間はどこにいても人間らしい。

 

においでパンを想像していたあの頃の「憧れ」の気持ちは、悪くなかったなあと、帰り道考えながら歩いた。

子どもだったし、あほだったけど、どんなひとのことも尊敬してた自分の頭を撫でてやりたい。

そして、薦めてやりたい。

カッコつけずにカッコイイと思えた本や映画を。

 

てなことを、数日後にコーヒーを飲みながら綴っていたら、店員さんが突然チューリップをくれた。

 

f:id:ikkyongold:20170307062222j:image

 

なんてサプライズ!(理由を尋ねると、もう店を閉めるからとのこと)

 

どこにいても、人間は人間らしい。

時々花をくれたりもする。

 

人間は、やっぱり豊かできっともっと優しいのかも知れないと思った。

 

森達也さんの本のタイトルを思い出した。

 

f:id:ikkyongold:20170307062650j:image

 

 チューリップを持って、ブラブラ歩いていくと、パブにたどり着いた。

 

 f:id:ikkyongold:20170307062248j:image

これはチョコレートフレーバーのビール

 

パブでも引き続き、つらつらとブログを綴っていて、チューリップをもらったくだりを書いている時、突然小沢健二さんの「天使たちのシーン」の歌詞を思い出した。

 

いつか誰もが花を愛し、歌をうたい、返事じゃない言葉を喋りだすのなら、何千回ものなだらかに過ぎた季節が、僕にとても愛おしく思えてくる

小沢健二天使たちのシーン

 

そういえば昔、この曲の歌詞を机いっぱいに書き写したんだった。

中3だった。

先生に怒られても消さなかった。

この机を次に使うひとも、この歌詞を読んでほしいと思ったから。

 

そして、思い直した。

ダサくないぞ、私。

ああ、思い直した。

 

だから、過去の私よ(そして今の私も)。

 

 子どもだったし、あほだったけど、どんなひとのことも尊敬してた自分の頭を撫でてやりたい。
そして、薦めてやりたい。
カッコつけずにカッコイイと思えた本や映画を。

 

ちがうちがう。

自分で見つけたらいいよ。

見つけられるよ。

 

カッコつけずに、カッコイイと思える本や映画やひとを。

 

いっぱい出逢えるよ。

楽しみにしてるといいよ。

 

 

 

さがしものはなんですか?

以前作成したデータが見つからなくて困った。

 

USBに入れて、ちゃんと保存したはずなのに、見つからない。

いくつかのUSBを確かめてもなかったので、なんで見つからないのかを考えてみた。

 

USBにそのデータを保存したことは間違いない。

 

ということは、データはやっぱり「見つからない」だけで「ない」わけではないのだ。

 

しばらく考えて、やっぱり最初に検討をつけたUSBをもう一回パソコンに入れてさがしてみた…ら…!見つかった!

 

私はなんで見つからなかったのかということに加えて、なんで見つかったのかということも考えてみた。

 

「なんで見つからなかったのか」

→見つからんなぁ…と思いながら闇雲にさがしていたから。

 

「なんで見つかったのか」

→見つけられる!見つかる!と思って、集中してさがしたから。

 

一見当たり前のことを書いてるように見えるのだけど、これは自分にとってはなかなかの発見だった。

 

さがしものが、USBに入れたデータでも、お財布でも、運命のひとでも、卒論のテーマでも、「見つからんなぁ」と思いながらなんとなくさがすのと、「見つけられる!見つかる!」と思って集中してさがすのとでは違う。

 

そう思ってさがすだけで、同じ場所をさがしていても、同じ道を歩いていても、モノの見え方や入ってくる情報の数が違うってことだ。

 

「♪さがすのをやめた時、見つかることもよくある話で」と井上陽水さんは歌っていたけれど、やっぱり最短で見つけたいなら、冷静な分析と集中力と信じる気持ちは大事だと思った。

 

f:id:ikkyongold:20170221115419j:image

写真は静岡で見つけた電話ボックス。

さがしてたわけじゃないけど、見つけた時は「見つけた!」と思った(本文と矛盾⁈)。

アニメ版の『YAWARA!』とか『シティーハンター』のエンディング曲が流れるワンシーンに出てきそうなオシャレ感。

 

(どうでも)イイネ!

「新聞は読みません」

「ニュースは、LINEニュースで読んでるから大丈夫です」

という学生が結構いて、試しにLINEニュースはじめ、各新聞社のLINEであがってくるニュースを読んで驚愕した。

 

どうでもいいトピックがトップにあがりすぎなのだ。

 

調べたところ、新聞社独自の選別ではなく、LINE側の(利用者のニーズを読み取った上での)セレクトらしい。

 

「誰と誰が顔交換して話題」とか「誰々の神対応が話題」とか、ほんまにどうでもいいし、もはやニュースではない。

 

私たちのニーズは本当にそんなものなんだろうか。

 

バカにするなよと思う。

 

でも、メディアリテラシーを身に付けようと思ったら、今は「知ること」どころか、「知る為に知らなくてはならないこと」から始めないといけないのかもしれない。

 

フェイスブックをやっていないから、生まれてこのかた「イイネ!」ボタンを押したことがないのだけど、「どうでもイイネ!」ボタンがあるなら、たまに連打したくなる今日この頃。