読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか、またどこかで会おうよ

こんにちは、金益見(きむいっきょん)です。

「ゴールドコメント」の歌詞

学生さんから、先日アップしたミュージックビデオの歌詞が知りたいとの希望があったのでのせます!

 

ゴールドコメント

作詞・作曲 いっきょんゴールド

 

100点とってた子は授業中寝てなかった

素敵な結果はいつもそれまでの道のりがある

 

「がんばらなくていい」と言うのはなんかイヤで

「がんばれ」と励ますのもなんかちょっぴり違ってる

 

例えば太陽…

お天道様がみてる意識は、結構大切なのではないかと思うのです

 

誰かや何かのせいにしない

現在(いま)の君は君が作った

 

君しかできないことがあると

それだけはドンと言える

 

だからさ

小ずるいことに今日からバイバイ 

 

携帯電話をみる時間を少し減らす

移りゆく景色の色、音に耳をすませてみる

 

時間は限られてる

有効じゃなくていい、味わうように過ごせるような感性磨きたい

 

例えば…

清少納言のように、春のあけぼのにグッと想いを馳せてみる

そんな時間があってもいいなと思うのです

 

当たり前なんて本当はない

毎日の特別な光と灯りと闇で作る営みのその凄さ

 

だからさ

感じることを増やそう!どんどんどんどん

 

生きてる限りは色々ある

毎日が特別で 

 

「生きててよかった!」いつも思う

そんな日々を作り出せる

 

くだらないことにも本気出そう!ガンガンガンガン

 

とんとんとんとん

 

とんとん拍子に事が運ぶ 時にこそ、 ふと気付く

 

やってきたことみーんなつながる

悩んだこと 続けたこと

 

いつかまたどこかで会おうよ

それまでバイバイ

 

www.youtube.com

広告を非表示にする

金ゼミ1期生とミュージックビデオを作りました!

「卒業までに思い出を作ろう!」

ってことで、みんなでミュージックビデオを作りました。

 

タイトルは「ゴールドコメント」。

金(きむ)からのコメントっつーことです。

 

youtu.be

 

映像は、ゼミ生で班分けして撮りました。

コマ撮りシーンはすべてゼミ生たちの案&撮影です(みんな天才ちゃうか)。

 

うちのゼミ生は、遊ぶ時も勉強する時も、最後までちゃんとやり遂げるところが立派!

 

彼らはMV撮影と並行しながら、超大変な研究発表会の準備もこなしてました。

 

f:id:ikkyongold:20170524215439j:plain

発表準備中(真面目&真剣)

 

うちのゼミ生めっちゃ優秀なんです。

 

f:id:ikkyongold:20170524215313j:image

発表準備中(あれ?!一人だけカメラ目線!)

  f:id:ikkyongold:20170524215728j:image

発表当日

 

この際もう一回自慢しますが、うちのゼミ生めっちゃ優秀なんです。

 

f:id:ikkyongold:20170524215844j:image

発表後の飲み会

(この時、ゼミ生たちがまあまあ呑めることがことが判明)

(ゼミ長がなんで刹那的な顔をしてるのかが謎)

 

f:id:ikkyongold:20170524215944j:image

別の日の飲み会

(この時、ゼミ生たちは結構呑めることが判明)

(散らかりすぎてるテーブルと、ゼミ生以外の学生が混じっているのが大学生らしくてよい)

 

 

で、MVに話を戻すと…

「ゴールドコメント」は、ゼミ生と触れ合うなかで気づいた「大切なこと」を綴った曲です。

でも押し付けがましくないように軽く流せる曲調にしました。

 

www.youtube.com

 

MV完成が嬉しくてもう一回貼ってみた!

 

 

卒論までの道のりが、これからのみんなに力強く寄り添ってくれますように。

 

広告を非表示にする

どうでもいいこと

どうでもいいことを発信してるひとが沢山いて、どうでもいいことにコメントしてるひとが沢山いる。

 

でも本当はこれは、「寂しい」と「暇」のやりとりなんじゃないだろうか。


よくわからんが。

広告を非表示にする

金ゼミ新緑見2017

 金ゼミでは毎年お花見ではなく、新緑見をやってます。

 

新緑見とは、ゼミ生が全員二十歳になったタイミングで、野外で飲んでも寒くない季節を見計らって開催される金ゼミ最初の飲み会です。

 

今年は二期生たちと大いに盛り上がりました。

 

f:id:ikkyongold:20170518101821j:image

明石駅で集合

 

別件で待ち合わせしているようなノムラくんの立ち姿が清々しいです。

 

 

大量の買い出しは、飲み会班が頑張ってくれました。

 

f:id:ikkyongold:20170518102123j:image

堂々と鯛を持つあつくん

 

当初、あだんTが魚をさばいて、みんなでお刺身を食べる予定でした(あだんT、来年頼むよ!)。

 

 

f:id:ikkyongold:20170518102310j:image

買い出し中の金ゼミ女子たち(いい写真) 

 

わざわざ遠くの安いスーパーまで行ってくれたらしい。

ありがとうね。

 

 

f:id:ikkyongold:20170518102603j:image

準備中!

 

カイトくんは、飲み物などを運びやすいようにキャリーバッグまで持ってきてくれました。

 

 

f:id:ikkyongold:20170518102656j:image

「いっきょん先生のハッピーセット

 

ナイスセレクト!

そして、ネーミングに笑いました。

当初、野菜をリクエストした私に、ネギと大根を買おうとしたというファニーなゼミ生たち。

 

f:id:ikkyongold:20170518102834j:image

チキンを丸ごと託されたゆうすけくん

 

f:id:ikkyongold:20170518102917j:image

前のめるゆうとくん

(こんな積極的なゆうとくんの動きを初めて見ました)

 

 ゼミ長こじはるくんの、課長のような乾杯の挨拶から始まり、食べたり呑んだりしながら、4月の最初のゼミで決めた一カ月目標が達成できたかの報告会。

 

f:id:ikkyongold:20170518104422j:image

もにかちゃん、2万円貯めれました!

 

マイッシの表とか、まついのかわうそグッズなど、女子たちは証拠品持参率高かったねー

エライねー

  

f:id:ikkyongold:20170518104249j:image

ほろ酔いでバレー

 

ボールを三回落としたら恋バナをしなければならないという過酷な罰ゲームがあったので、みんな本気を出してました。

 

f:id:ikkyongold:20170518104755j:image

ほろ酔いでヨガ

 

なーこちゃんが木のポーズを指導中。

シュール!

 

f:id:ikkyongold:20170518105031j:image

集合写真

 

年寄りの私は先に帰りましたが、宴会はその後も続いたとのこと。

 

 ゼミ生には、私が持ってる素敵なものを全部あげるつもりで接してきたはずなのだけど、いつの間にかゼミ生からどんどん素敵返しされるようになって、最近はもらってばかりだなー

 私ももっと沢山あげられるように、授業も研究もがんばります!

 

次のイベントは、なつほちゃんも一緒に、デュエットしばりのカラオケだ!

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

ツイッター考

ツイッターって、使い方によってはとても変な状態を作ってしまう気がする。

 

伝えたいことがあるひとにとってのツイッターはとても便利だし、情報を集めたり、広めたりするのには持ってこいのツールだと思う。

 

一方、表現ではなくて、自分の生活を細かくツイートするひとが身近にいると心配になる。

 

そのひとの寂しさに、ツイッターの機能とフォロワーは、寄り添っているように見えるんだけど、逆に混乱させている気が…

 

そのことを言ってるのに、そのことを言ってないってことに気づくひとは気づいてるのに、傍観してる。

 

本人も、自分の言葉とメッセージがちぐはぐなんだけど、日常的にツイートするうちになんだかわからなくなっているような…


でも、自分は自分で騙せないから、たまに正気になると、自分の発信が根拠っていう皮肉な形で、絶望してしまうんじゃないか?

 

まあ、ツイッターをやっていない私があれこれ考えてもよくわからないのだけど、かりそめの承認とわかっていながらも、ひとまずお腹は満たされる承認のインスタント化で、失うものもあるんじゃないかと思ったりする、今日この頃。

広告を非表示にする

愛すべきお酒たちへ

「愛してるよ、ビール!」
大好きだけど、毎日君といると確実に太るね!
2人きりだと大丈夫なんだけど、おつまみが一緒だと、取り返しがつかないところまでいってしまうね!
パブで、時々会いましょう。

 

「アイラブワイン…」
赤も白も素晴らしいです。
でも君と会うと、次の日しんどくなるのなぜ?

 

「晴れ時々、日本酒」
君とは冬の寒い日に熱燗状態で会うか、デートの時に少しだけって関係がちょうどいいかも。
太るお酒は、どうでもいい人と呑みたくないよね。

 

「私には、焼酎がいる」
君、最高です。
でも、最初の一杯にならない。触手が伸びない。なんでかわからないけど。
麦も芋も黒糖も大好きなのに、乾杯に向かない君の刹那。

 

「嗚呼、泡盛!」
沖縄で会うのと味が違うのは、君自身ではなく、水と氷の問題かと。

 

「カクテル、君は七夕」
素敵で美しい君。
特別な時にこそ活きる君。
例えばブルームーンを見るのは一年に一度だけでいいんです。

 

ウイスキー万歳!」
甘かったり、尖ってたり、正露丸みたいだったり、出身地で性格が全然違うところも大好き。
ストレートでも、ロックでもソーダ割りでもなんでも似合う君。
最近は、もっぱら一緒ねハイボール

 

「追伸、ホッピー」
君はどこにでもいるわけじゃないから、存在そのものを忘れてしまうんだ。
でも、君のことも大好き。
また東京で会いましょうね。

 

広告を非表示にする

今日は母の日

関大前で見つけた看板。

 

f:id:ikkyongold:20170514124443j:image

 

翻訳すると、

「お母さん大好きだよって、たまには言ってみてはいかが」

です。

広告を非表示にする